定休日:不定休

営業時間:11:00~22:00

受付時間:11:00~22:00

糖化防止♪

2014年10月29日

なんだかこの季節、甘いものが食べたくなってしまい、誘惑と戦っています・・・目

この誘惑に負けないように、少し恐い体の現象をご紹介します。

 

「糖化」という言葉、ご存知ですか??

「糖」は、体にとって大切なエネルギーですが、とりすぎると、「糖化」という悪い作用が働いてしまいます叫び

 

体を構成する主要な成分は、タンパク質です。

細胞の大部分はタンパク質ですし、酵素脳の情報伝達物質もタンパク質です。

 

その大切な成分のタンパク質が、とりすぎた糖によって変化してしまいます爆弾

 

コレが、「糖化」という現象です。

 

「糖化」が起きると、タンパク質の働きが悪くなって、体の機能が低下します。

体の機能が低下すると・・・

代謝が落ちて太りやすくなったり、脳にも影響があり、気分が憂鬱になったりします。

お肌では、コラーゲンという、大切なタンパク質が作られにくくなるので、ハリがなくなったり、弾力が落ちてしまいます汗

 

恐いですね・・・ショック!汗

 

 

そんな「糖化」現象を防ぐための食生活には、ポイントがあります。

 

まず、一番重要なのが、糖質の多い食べ物をひかえること

 

そして、一気に大量に食べずに最低20分はかけて食べること

 

そうすることによって、脳の満腹中枢が刺激され、食べすぎを防ぎます。

 

食べ過ぎ飲みすぎに気をつけて、間食の誘惑に負けないように、過ごしていきましょうニコニコグー