定休日:不定休

営業時間:11:00~22:00

受付時間:11:00~22:00

太っていないのに二重あごになる原因とは

2015年10月23日

こんにちは、大阪梅田・心斎橋のエステサロンBeauty Upです。

二重あごになるのは太っている事が原因の場合がありますが、しかしながら体脂肪率が低くても二重があごになってしまう事があるのです。

原因としてはまず表情筋の衰えが挙げられます。
顔の筋肉はその他の部位同様に使わないとどんどん衰えてしまいますが、筋肉の衰えはたるみの原因になってしまうのです。

むくみも二重あごを引き起こします。
特に新陳代謝が衰えている場合は水分などの排出機能が衰えています。
その為、脂肪が少ない場合でも顔のラインがぼやけてしまいますし、もちろん顔だけでなく下半身が太っているように見せてしまうような事もあるのです。

悪い姿勢になっているのも一つの原因です。
姿勢が悪いと身体に様々な影響を及ぼしますが、二重あごも一つの影響と言えます。
姿勢が良くないという事はゆがみが発生している可能性がありますが、ゆがみがある状態ですと筋肉や脂肪が本来あるはずの位置からずれてしまいますので、あごにたるみを発生させてしまうような事もあるのです。