美脚ってどういう脚のことを言うの?大阪のエステが解説します!

2019年10月10日
皆さんこんにちは 大阪茶屋町のあなたのキレイ度をUPする エステサロン・ビュティーアップです!
「美脚ってよく使う言葉だけど、具体的にどういう脚なの?」 「世の中の人が美脚に思うのってどういう比率の脚?」 美脚というのはよく使われる言葉ですが、はっきりと美脚の定義を答えられる人は少ないでしょう。 そこで今回は、美脚とは具体的にどんな脚なのかについて詳しく解説します。 □美脚とは具体的にどんな脚なのか *比率の関係太もも:ふくらはぎ:足首=5:3:2 美脚と言うと単に細い脚をイメージしがちな人も多いかもしれませんが、棒のように細い脚は魅力的には見えません。 理想的な脚は、筋肉と脂肪が適切な場所に適度な量付いている脚です。 太もも、ふくらはぎ、足首、それぞれの周囲を測ってみてください。 美脚の黄金比率は、その太もも:ふくらはぎ:足首=5:3:2です。 *骨格美人な脚を目指そう 真の美脚になるためには、脚の太さだけでなく、骨格の形も意識することが重要です。 理想は歪みやねじれがない、真っすぐな脚です。 まず、立った際に、太ももの付け根、ひざ、ふくらはぎの膨らんだ部分、くるぶしの4点がくっつくかどうかを確認してみてください。 1点でもくっつかない場所があった場合には、骨格が歪んでいる可能性が高いです。 □まとめ 今回は、美脚の定義について解説しました。 ただ痩せようとするのではなく、美脚とはどのような脚かを正しく理解して、黄金比率の脚を目指しましょう。
脂肪吸引を超える痩身法「光痩身」ならビューティーアップへ
 http://www.lady-beautyup.jp/