定休日:不定休

営業時間:11:00~22:00

受付時間:11:00~22:00

「冷え」は食べ物で改善しよう

2015年10月21日

こんにちは、大阪堂島のエステサロンBeauty Upです。

以前は、冷えというと女性がなるものというイメージがありましたが最近では性別を問わずまた年齢にも関係なく誰でもなることがあります。

冷えに悩む人にとって、1年を問わず辛いことはありますが、冬になると特に気になるものです。

そうした冷えの対策として、食事から改善できる方法があります。

毎日、あまり気にすることなく食べていますが、食べ物には体を温めるものと逆に冷やすものがあります。

まず、体を冷す食べ物は夏野菜や、加工食品も体を冷やす作用があります、

夏は季節的に、体の温度を下げる必要があり野菜にもこの働きが備わります。

反対に、体を温めるものは、寒い地方で生まれた食べ物や地下でエネルギーを蓄える食べ物になります。

野菜でいえば、にんじん、れんこん、山いも、ごぼう、かぶ、大根などの根菜類です。

また、香辛料では特に、唐辛子、コショウ、生姜、ねぎ、にんにくなどが当てはまります。

そして、黒っぽい食べ物も体を温める作用があります。
黒豆、小豆、ひじきなどの黒色や、白米ではなく玄米などです。