定休日:不定休

営業時間:11:00~22:00

受付時間:11:00~22:00

また失敗…リバウンドしてしまう医学的理由

2017年05月13日

皆さんこんにちは 大阪堂島のあなたのキレイ度をUPする エステサロン・ビュティーアップです!

 

 

ダイエットで減量して普通の生活に戻ったら、リバウンドして逆に体重が増えてしまった経験を持つ人は少なくありません。
これがダイエットに付きもののリバウンドですが、これが頻発する背景には満腹中枢が関係しています。


人間は満腹感を感じていれば、余計に食物をとることはありません。
ダイエット終了後は飢餓感を強く感じ食欲を通常時より強く感じます。
この食欲を抑制するホルモンがレプチンです。
このホルモンは脂肪細胞から分泌され、血流に乗って脳の視床下部に到達すると満腹感を自覚することで食欲が抑えられることになります。


レプチンは脂肪細胞から分泌されるので、太っている人であればあるだけ必要量の分泌が促され、食欲も抑制されると思われますが話しはそう簡単ではありません。
体脂肪が多い場合、レプチンを受容する機能が鈍くなっているので満腹感を感じにくくなっています。


ダイエット終了後、レプチンの需要機能が回復するまでにはタイムラグがあるので、満腹中枢の活動も鈍くなり過食に走りがちにあります。
睡眠時間を十分取ることでレプチンの分泌が促進されると言われています。
リバウンド防止のためには睡眠時間を十分取ることが重要です。

 

脂肪吸引を超える痩身法「光痩身」ならビューティーアップへ

http://www.lady-beautyup.jp/