定休日:不定休

営業時間:11:00~22:00

受付時間:11:00~22:00

痩せたい部位に効果的な運動は?有酸素と無酸素の組み合わせ方

2017年10月10日

皆さんこんにちは 大阪堂島のあなたのキレイ度をUPする エステサロン・ビュティーアップです!

 

前回は、有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単に解説しました。

それを踏まえて今回は、痩せたい部位に応じた運動の組み合わせをご紹介させていただきます。

前回は、有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単に解説しました。

それを踏まえて今回は、痩せたい部位に応じた運動の組み合わせをご紹介させていただきます。

■二の腕腕立て伏せと水泳

 

二の腕腕立て伏せ(無酸素運動)と水泳(有酸素運動)の組み合わせが効果的です。

腕立て伏せで上腕三頭筋を鍛えることで腕が引き締まります。

それに合わせて大胸筋も鍛えられるので、基礎代謝を高めることも可能です。

 

水泳は腕大きく動かすので二の腕にとてもよく効きます。

特に二の腕に効果的な泳ぎ方は、クロールと平泳ぎです。

水泳自体、即効性の高い運動なので、腕立てと併せて行うとよいでしょう。

 

■脚スクワットとウォーキング

 

脚スクワット(無酸素運動)とウォーキング(有酸素運動)の組み合わせが効果的です。

スクワットは下半身の筋肉をすべて使用するため、基礎代謝を高めるのに効果的です。

ウォーキングは負担がかかりにくく、継続しやすいのが特徴です。

ほかの有酸素運動よりの消費カロリーは低いですが、毎日継続して行うことで効果が得られます。

 

■おなか腹筋とヨガ

 

おなか腹筋(無酸素運動)とヨガ(有酸素運動)の組み合わせが効果的です。

腹筋では、腹直筋という表面の筋肉を鍛えることができます。

 

一方ヨガでは、その奥のインナーマッスルを鍛えることができ、基礎代謝を高めてくれます。

この2つを組み合わせることで、より効果的におなかをへこませることができます。

 

 

いかがですか?

うまく運動を取り入れて、健康な体になりましょう!

 

 


脂肪吸引を超える痩身法「光痩身」ならビューティーアップへ
http://www.lady-beautyup.jp/