ダイエット成功につながるような効果的な睡眠を心斎橋の業者が解説

2019年04月03日
睡眠をあまりとらない方が、カロリーを消費するのでダイエットに効果があると思っている方もいますが、それは間違いで、むしろ逆効果といえます。 人間の体は寝ている時でも、呼吸をしたり消化活動はおこなっているので、エネルギーはしっかり消化されます。 ここではダイエットが成功するための効果的な睡眠を心斎橋の業者が解説しているので、効果的に痩せたいという人はぜひ参考にしてください。 睡眠が不足している人は、満腹を感じるホルモンが減少し、逆に食欲を増進させるホルモンが過剰に分泌されてしまうので、より肥満になる確率が高くなります。 ドカ食いの原因ともなるので寝ないことはダイエットの敵です。 ダイエットを成功させるには、食欲をコントロールすることが非常に大事で、食欲がコントロールできなければ、食欲を増進させるホルモンが沢山でるので、つい食べ過ぎてしまい肥満の原因になります。 睡眠中は成長ホルモンが分泌されますが、成長ホルモンは脂肪を燃焼する役目があるので、成長ホルモンが多く分泌される人は、寝ている間に痩せやすいです。 しかし寝ていれば常に成長ホルモンが分泌されるわけでなく、深い眠りの時により多くの成長ホルモンが分泌されます。寝不足だと成長ホルモンの分泌が減り、脂肪が燃焼されにくいので痩せにくくなるというわけです。 効果的にダイエットを行いたいなら毎日7時間の睡眠をとるのが理想とされています。